ドアミラーの交換

自動車のリペアに挑戦しましょう。

自分が丁寧に車に乗っていても、パートナーや家族が道路脇のポールやい駐車場などで、サイドミラーをコツンとぶつけてパリンとやっちゃうこともあります。

責めたい気持ちもよくわかりますが、よく考えてみると車のカタチの中で妙に出っ張っているのがドアミラーなのです。

ドアミラーは外装部品の中でもいたずらされたり、ぶつけたりする頻度がとても高い部品といえます。

なんとかしてみるのも自動車オーナーのお役目です。

ぶつけて壊してしまったドアミラーの修理代を安く済ませるためにはどうすればよいでしょうか。

車種によりいろいろですが、新品のドアミラーだと、片側だけでも2万円~4万円はします。

さらに取り付け工賃を含めると3万円~6万円というお財布には厳しい世界です。

新品では高いドアミラーも、中古部品サイトでは、価格は6000円~8000円ぐらいが相場で売られています。

輸入車のドアミラーだと1万5000円ほどすることもありますが、だいたい1万円以下と考えていいでしょう。

次に取り付けですが、やってみると意外と簡単で使う工具もドライバー程度で済みます。

通常のドアミラーは、フロントドアの窓の前方三角部分に取り付けられているのが一般的です。

車内側の三角形の樹脂をまず取り外します。

三角形の樹脂を外すと、ドアミラーを止めているネジ2本、3本が見えます。

このネジを取り外し、電源コネクターを外し、新しいミラーを逆の手順で付ければOKです。

一度やってみるとマイカーに対してより愛着がわくようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>