車のランプをチェック

ヘッド・ライトに使われている電球は、基本的には家庭用の電球と同じ構造)どんなにメンテを施していても、いつかは 寿命が訪れます。

ライトをつけずにそのまま走行しては、危険なのはいうまでもありません。

薄暮の走行でよく前が見えないために接触なんて事態は避けたいですね。

必要不可欠なテクニックとして、ヘッド・ライトの電球(パルプ)交換は覚えておいたほうがよいでしょう。

ヘッド・ライトは夜間走行には欠かせないものです。

前方が明るくなければ、安全運転はできませんし、そればかりか自分の位置を知らせるのも、ヘッド・ライトの重要な役割なのです。

片側が切れたまま走行してオートバイと間違えられて、正面衝突しそうになったという話もよくあります。

できればバルブ(ライトの光源ランプ)交換の際に、長時間寿命のハロゲン・バルブ(ハロゲン電球)を選ぶことをおすすめします。

ハロゲン・バルブは、家庭用白熱電球と同じようにフィラメントに電気を流して発光させていますが、内部に封入されたハロゲン・ガスの作用によってフィラメントの消耗が防がれ、ガラス内部が黒くなることもあまりありません。

そのため普通の電球以上に明るくすることができるうえ、長く使っていてもガラスが黒くなって光量が減少していくことがありません。

自分の車の価値を維持し、さらに安全な自動車ライフを過ごすためにも、検討してみてはいかがでしょうか?

参考記事:ekワゴンのヘッドライトバルブを自分でLEDに交換してみた